借金返済を延滞すると

財産の差し押さえは最終手段で、これらの状況があってもなお借金返済を延滞し続けた場合に裁判所に訴えられることで行われます。

完全に借金から逃れきっても、背負った利息はどこまでもつきまとうでしょう。

社会を捨て、全てを捨てるしか逃げ切る方法はないのかもしれません。

期日になっても借金の返済ができない時に何が起きるのでしょう。

ドラマのような派手な騒ぎや脅迫を連想されるかもしれませんが、現実はそれほど乱暴なことはありません。

しかし、借金返済を延滞すると精神的に追い詰められるのは間違いないのではないでしょうか。

脅迫めいた取り立てもなくはないですが、それは一部の悪質な業者だけです。

一般的に、暴力団員によるキャッシングの返済の取り立てや貸し付けは法律によって禁止されています。

貸金業者が暴力団員を業務補助として起用すると、300万円以下の罰金か1年以上の懲役の対象になってしまうのです。

もし借金の返済がなされなかった場合、返済期日の翌日に業者側が電話がかかってくるというパターンが一般的です。

自社名を名乗らずに本人に取り次ぎだけを依頼する紳士的なところもあり、この段階ではまだ普通な口調で延滞理由などを聞かれます。

この電話の目的は、いつ返済するかを約束させることです。
乾燥肌でアヤナスってどう思う?

1週間以上待ってくれることはまずないと考えていいでしょう。

2、3日以内の返済が求められます。

電話は返済されるまで繰り返しかかってきます。

約束した日までに返済金が振り込まれないと再度同様の電話がかかってきて、振り込み日を約束させるのです。

電話での態度は、中規模かそれ以下の金融業者の場合はより態度か悪く、威圧的になるようです。

そのまま延滞を続けていると、一週間に一回程度のペースで督促状が送られてくるようにもなります。

この頃には近所や常連の店などを調べられ、生活パターンの聞き込み調査をされ、訪問回収をされるようになります。

身辺調査や戸籍回収もされるようになります。

延滞が続くと、事故情報として信用情報会社のブラックリストに名前が乗るようになります。

この情報は支払いを済ませた後でも残り、3ヶ月延滞や12ヶ月延滞の記録が残ることで、新規のキャッシングの審査に通らなくなってしまいます。

財産の差し押さえは最終手段で、これらの状況があってもなお借金返済を延滞し続けた場合に裁判所に訴えられることで行われます。

完全に借金から逃れきっても、背負った利息はどこまでもつきまとうでしょう。

社会を捨て、全てを捨てるしか逃げ切る方法はないのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です