乗り物、手法のやり方

東洋医学においては、人間のカラダには360以上のポイントがあると言われているようです。
現に鍼灸医療院などでは、こういうポイントへの刺激によってさまざまな病気や事態を改善しています。

人間のカラダには気の方策です通り路があり、その流れを調節する事として経穴(ポイント)があります。
便秘解消法として効果のあるポイントも全身に複数存在しています。
ここでは徒歩と戦略に居残るポイント押し便秘解消法を紹介します。

まず徒歩ですが、徒歩にいらっしゃるポイントを刺激すると腹の足取りが整えられます。
場所の設定を付けて周辺を押してみて、痛みを感じるところがポイントだ。
●徒歩三地元
 膝のお皿の骨から指の範囲4読み物分下で、すねのうわべにいるふくらみのへりだ。
 中指で押し込むように力を入れ、もむようにぐりぐりと押します。
●三陰交
 内くるぶしの骨から指の範囲4読み物分上で、すねの後ろ側のへりだ。
 親指を立てて反映にもみこむようにぎゅーっと押します。

次に戦略のポイントですが、親指と人差し指の付け根部分には、大腸に達する通り路が通っています。
ウンザリを見つけてはこの部分を指圧するとよいでしょう。
●合谷
 親指と人差し指の付け根の、骨と骨が寝る周辺の当事者だ。
 非難の戦略を用い、親指と人差し指で挟んでもみます。
●神門
 手首の小指間近のしわが寄ってあるところで、骨とすじのくぼみだ。
 親指を立ててぐりぐり押します。
●支溝
 手の甲間近で、手首から肘までを4等分して手首から4分の1のところです。
 小指と薬指の延長線が寝る事を、非難の戦略の親指でぎゅーっと押し込みます。

ポイントを指圧する際に注意したいのは、ポイントは反映対称にあるということです。
必ずとも指圧ください。b.c.a.d. の口コミは?